blog ブログ

HOME // ブログ // 最寄駅までの所要時間と駅近物件

CATEGORY


不動産取引

最寄駅までの所要時間と駅近物件



最寄駅までの所要時間と駅近物件

駅近物件


『駅近』というだけで売れてしまうほど大事な条件です

不動産仲介会社にとっても喉から手が出るほど扱いたい一番の条件です。
駅に近い物件は、相場価格より極端に高すぎることがない限り、売れ残るリスクがとても低く、売主の不動産所有者にとっては売却時期と価格を想定しやすく、叩き売りをしなければ売れないというリスクも小さい、精神的・物理的にも快適な不動産です。

不動産会社にとっても仲介手数料の売り上げを想定しやすいため、お客様から選んでもらえるように熱心に営業してきます。

 

駅近ってどれくらい?


徒歩圏といっても感覚による所が多く、徒歩15分くらいまでの距離を徒歩圏と考えられています。最近では、贅沢になってきたのか首都圏では10分を超えると遠く感じる方が増えてきたようです。
ただ、東京都の山手線内に限っては、5分も歩くと何処かの駅に着いてしまうほど、地下鉄を筆頭に鉄道が整備されています。山手線の内側に関しては、駅近というメリットは、駅直結のマンションにのみ該当するのかもしれません。

そして、徒歩10分を徒歩圏と考えると『駅近』とは徒歩5分以内のことです。
山坂や高低差のあるところでは、坂道の勾配の強さによっては駅近のメリットがないところも多くあります。
不動産の物件概要書に表記されている徒歩◯分は、地図上の平面距離で計算した時間なので平坦地での所要時間の目安になります。

 

徒歩時間の計算方法


『距離80m=徒歩時間1分』が基準
直線距離ではなく最短の道順距離で計算
歩道橋の利用や信号、踏切街などは考慮しない
徒歩時間の計算は切り上げ

(計算例)
①1kmは、徒歩13分
1000 ÷ 80 =12.5分 → 徒歩13分

②50mも80mも徒歩1分
50 ÷ 80 =0.625 → 徒歩1分
80 ÷ 80 =1 → 徒歩1分

③90mは、徒歩2分
90 ÷ 80 =1.125 → 徒歩2分

 



徒歩5分は、400m以内(5分×80m)の距離になりますが、上り下りの坂道や歩く速度により、実際の時間とは異なる場合があります。
車と徒歩では通る道順も異なる場合があります。また、徒歩5分の道のりでも街灯のない道、樹木や植栽で死角の多い公園の横やトンネルを通るときには注意が必要です。
夜は街灯が明るく人目に付く道路を通りたいものです。

参考までに、車の1分は、400mです。

ブログ一覧