HOME // 土地家屋調査士の業務

土地家屋調査士の業務

建物に関するご相談

新築・リフォーム・解体などあらゆる場面で発生する各種登記申請を代行いたします。主な業務内容は以下をご参照ください。

詳しくはこちら

土地に関するご相談

土地は建物と異なり用途の変更などにも手続きが必要になり、境界線も厳密に定められています。

《土地家屋調査士と測量士の違い》
土地家屋調査士とは・・・
お客様の依頼を請けて、代理で不動産の表示に関する登記の申請ができます。

法務局への申請を、権利者の代理で行うことができます。
比較的に馴染みのある表示に関する登記として、土地に関しては、全ての境界が確定し、面積・形状まで確定したことを公にするために管轄の法務局へ申請する“地積更正登記”や、ひとつ(1筆)の土地を複数(数筆)に分ける“分筆登記”など。建物に関しては、新築したときに申請する“表題登記”や、建物を取り壊したときに申請する“滅失登記”などです。


測量士とは・・・
主に、ダム・道路などの大規模な建設工事に際し、測量の計画を作成し、実施する責任者です。
お客様から仕事の依頼を請けても、測量することはできますが、
お客様の代理で登記の申請をすることはできません。

当事務所では主に以下のような登記・調査業務を行っております。

詳しくはこちら