スポンサーリンク

業務とご利用額

建物に関するご相談

新築・リフォーム・解体などあらゆる場面で発生する各種登記申請を代行いたします。主な業務内容は以下をご参照ください。

各種業務費用

表題登記(一般建物)
新築時に必要な登記。
100,000円~

構造・床面積変更登記
主に、増改築(リフォーム)工事を行った場合の登記。
80,000円~

附属建物新築登記
倉庫・物置などを主たる建物と離して建てたときに必要な登記。
80,000円~

所在変更登記
建物の敷地を分割・合筆する場合や、増築して隣地にまたがった場合に必要な登記。
80,000円~

建物分割登記
母屋(主たる建物)と離れの部屋(附属建物)があった場合などに、それぞれを独立した一つの主たる建物に分けたいとき。
150,000円~

建物区分登記
1棟の建物を長屋のように縦に分けたり、階層ごとに横に分けたりなど、一つの独立した建物に分けたいとき。
80,000円×分割した数~

建物滅失登記
1棟の建物を完全に取り壊したとき。
50,000円~

区分建物表題登記
マンション・コンドミニアムなどで、2戸以上の主たる建物がある1棟の共同住宅を新築したとき。
70,000円×区分建物の戸数~

真北測量
高層建築物の設計時に必要な日影の計算を行うとき必要になります。
80,000円~

土地に関するご相談

土地は建物と異なり用途の変更などにも手続きが必要になり、境界線も厳密に定められています。

《土地家屋調査士と測量士の違い》
土地家屋調査士とは・・・
お客様の依頼を請けて、代理で不動産の表示に関する登記の申請ができます。

法務局への申請を、権利者の代理で行うことができます。
比較的に馴染みのある表示に関する登記として、土地に関しては、全ての境界が確定し、面積・形状まで確定したことを公にするために管轄の法務局へ申請する“地積更正登記”や、ひとつ(1筆)の土地を複数(数筆)に分ける“分筆登記”など。建物に関しては、新築したときに申請する“表題登記”や、建物を取り壊したときに申請する“滅失登記”などです。


測量士とは・・・
主に、ダム・道路などの大規模な建設工事に際し、測量の計画を作成し、実施する責任者です。
お客様から仕事の依頼を請けても、測量することはできますが、
お客様の代理で登記の申請をすることはできません。

当事務所では主に以下のような登記・調査業務を行っております。

各種業務費用

表題登記(調査測量含)
無地番地の国有地の水路などの払い下げ、海を埋め立てたことでできた新しい土地に対する登記。
500,000円~

地目変更登記
駐車場から宅地、田・畑から駐車場など土地の用途に変更が生じた場合に行う登記。
50,000円~

土地境界確定測量
一筆書きで括られた土地(1筆から数筆)の筆界を確定する作業。隣接地所有者の立会のもと進めていきます。
300,000円~

地積更正登記(測量別途)
土地境界確定測量後、その成果を公の登記記録に反映させる登記。
100,000円~

土地分筆登記(測量別途)
1筆の土地を数筆に分ける登記。地積更正登記後に行う場合が多いです。
100,000円~

土地合筆登記
隣接する2筆以上の土地を1筆の土地にまとめる登記。
80,000円~

官有地(道路・水路等)・境界確定
所有する土地と公道との境界線を復元する作業。
350,000円~

境界標復元
本来あるべき境界標が紛失、もしくはずれてしまっている場合に復元する作業。
50,000円~(1点)

所有者追跡調査
隣接所有者が行方不明で各作業ができなくなるときなどに職権を使う追跡調査。
100,000円~

タイトルとURLをコピーしました