HOME // 土地家屋調査士の業務

土地家屋調査士の業務

建物に関するご相談

新築・リフォーム・解体などあらゆる場面で発生する各種登記申請を代行いたします。主な業務内容は以下をご参照ください。

詳しくはこちら

土地に関するご相談

土地は建物と異なり用途の変更などにも手続きが必要になり、境界線も厳密に定められています。

《土地家屋調査士と測量士の違い》
土地家屋調査士とは・・・
お客様の依頼を請けて、代理で不動産の表示に関する登記の申請ができます。

法務局への申請を、権利者の代理で行うことができます。
比較的に馴染みのある表示に関する登記として、土地に関しては、全ての境界が確定し、面積・形状まで確定したことを公にするために管轄の法務局へ申請する“地積更正登記”や、ひとつ(1筆)の土地を複数(数筆)に分ける“分筆登記”など。建物に関しては、新築したときに申請する“表題登記”や、建物を取り壊したときに申請する“滅失登記”などです。


測量士とは・・・
主に、ダム・道路などの大規模な建設工事に際し、測量の計画を作成し、実施する責任者です。
お客様から仕事の依頼を請けても、測量することはできますが、
お客様の代理で登記の申請をすることはできません。


about A land and house investigator
In response to your request it is a person who can apply for registration on the display
of real estate on behalf of. An application to the Legal Affairs Bureau you can do on
behalf of the rights holders.
As registration of familiar display relatively, with respect to the land to confirm all of
the border to apply to the Legal Affairs Bureau of jurisdiction in order to publicly that
it has determined until the area and shape "acreage correction registration" and one
( such as a separate "subdivided registration" the land of 1-hude) to multiple (number-hude).
With regard to building to apply when the new building "title registration" and to apply
when the demolition of the building is such as "loss of registration".

about Registered surveyor
Mainly, when largescale construction work, such as dams and roads to create a plan of
survey is responsible for implementing.
Even if customers redeem the request of work you will be able to survey, but you can
not be the application for registration on your behalf.

当事務所では主に以下のような登記・調査業務を行っております。

詳しくはこちら