ABOUT 事務所紹介

HOME // 事務所紹介

当事務所について

唯一無二のパートナーとして

不動産取り引きは大きなトラブルを避けるために、売主の義務は買主よりも多いものです。そしてその義務を果たすためには、境界問題や登記についてしっかりと理解し、サポートできるパートナーが必要になります。
お客様の大切な財産であり、大きなお金が動く不動産。重要な選択と決断が迫られた際にはぜひ、当事務所までご相談ください。現状をお伺いし、ワンストップによるスピーディーな対応をいたします。

私達が日常使っている「境界」という言葉は以下の種類に分かれます。

不動産登記法により決定された2点を結ぶ直線で、法務局備付の地図・地積測量図などに用いられます。

隣接する土地の所有者間で合意された境界。筆界と同じが好ましい。異なる場合はトラブルの原因となり得ます。

現状の土地の利用状況を示す境界です。

土地の所有者と使用者との契約により定められた境界です。
私達が日常使っている「境界」という言葉は以下の種類に分かれます。

不動産登記法により決定された2点を結ぶ直線で、法務局備付の地図・地積測量図などに用いられます。

隣接する土地の所有者間で合意された境界。筆界と同じが好ましい。異なる場合はトラブルの原因となり得ます。

現状の土地の利用状況を示す境界です。

土地の所有者と使用者との契約により定められた境界です。
土地家屋調査士と測量士の大きな違いは、お客様の代理で不動産の登記を申請することが出来るか、出来ないかです。
次に、測量の目的ですが、測量士は、現地の状態(現況)を測ることです。
一方、土地家屋調査士が行う測量は、登記申請を前提に調査し、調査結果および筆界等(法務局備付の図面等の境界線)の現地との整合性を確認するために行います。
ここで『境界』の話を少し、一概に『境界』と言っても私達は4種類の境界を考えます。
これも、境界紛争の原因となりやすい。
不動産登記法上の手続きにより決定された2点間を結ぶ境。法務局備付の地図や地積測量図は全てこの筆界を示す。また、この筆界は変更することが出来ません。

これも、境界紛争の原因となりやすい。

土地の所有者と借地人(利用者)との間で取り決められた、契約に基づく境。対価の有無は問わない。
これも、境界紛争の原因となりやすい。

土地の所有者と借地人(利用者)との間で取り決められた、契約に基づく境。対価の有無は問わない。

土地家屋調査士とは?

土地家屋調査士は、お客様の依頼を請けて、不動産の表示に関する登記の申請をするために必要な土地および家屋に関する調査、測量、書類作成、申請手続、審査請求の手続き等を業とする国家資格者です。
土地家屋調査士の制度は、不動産に関する契約、相続およびそれらに伴う税金の計算等の基となる登記記録と現実の状態が同一であるように不動産の表示の正確さを確保することを目的とします。特に土地については、筆界の特定ができることに専念し、必要最大限の書類収集に始まり、隣接地所有者等への聞き込み、および調査・測量を行います。
その結果、筆界と所有権界(占有権界を含む)が異なっている可能性が高い場合であっても、筆界を変えることなく、境界紛争に発展しないよう細心の注意を払いながら分筆・地積更正登記、交換、売買等の紛争回避のアドバイスをしながら、筆界の特定ができる努力をします。

土地家屋調査士に
相談するメリット

  1. 物理的現状と法律の整合性を正しく取れる

    土地家屋調査士は測量士と異なり、不動産登記の申請まで可能です。そのため不動産に関する法律知識が豊富で、現地調査の結果と照らし合わせて精査することができます。

  2. 税法の改正による変化に対応できる

    税法の改正、とくに相続対策は大きく変化し、契約書の条文追加、境界明示の義務化など取引が複雑化しています。不動産取り引きにはこれらの変化に正確に対応することが求められ、売り主の義務が増えています。それらをサポートできるのも土地家屋調査士であり宅地建物取引士です。

  3. トラブルの原因となる
    「境界」に関する知識が豊富

    不動産取り引きや登記、融資などに必要な「筆界(境界)」は、フェンスや柵などの目に見えるものではなく、書類や地図により定められおり、その点を理解していないとトラブルに発展しやすいです。
    土地家屋調査士はこの「境界(多種)」に関する知識が非常に豊富ですので、トラブル解決はもちろん、未然に防ぐことも可能です。

事務所概要

事務所名
朝比奈資明土地家屋調査士事務所
代表者
朝比奈資明
(土地家屋調査士・宅地建物取引士)
設立年月日
2009年1月13日
TEL
044-870-7511 / 090-7179-8070
MAIL
info@m-asahina.com
加入団体
神奈川県土地家屋調査士会 川崎支部
許可番号
神奈川 第2822号
事業内容
不動産登記・測量・境界調査・不動産相談

アクセス

住 所/〒216-0004
神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-18-11-306
最寄り駅/東急田園都市線
「鷺沼駅」より徒歩4分

スタッフ紹介

代表取締役 土地家屋調査士 宅地建物取引士

朝比奈 資明 アサヒナ モトアキ

2001年 有限会社ガイアミューズを設立
2008年 土地家屋調査士試験に合格
2009年 土地家屋調査士登録

朝比奈 資明(アサヒナ モトアキ)と申します。
サラリーマンの父と美容師の母のもと、1966年 東京都大田区で長男として産まれました。
好奇心旺盛、せっかちでお節介な性格は幼少からで、いつも「なんで?」の連続で周りの大人を困らせてばかりいました。
年を経ても変わらず、さらには大胆で“超”が付くほどの行動派。『考えるより先に』、『気付いた時には始めてた』。「考えもなしで、」とはよく言われます。自分では、『とっても臆病で、気の小さい鉄砲玉』だと思うのですが。自他ともに認める長所は、『集中力と行動力』。そしてなぜか度々言われる『良くも悪くもすぐに忘れる能天気な明るさ』。

明星大学を卒業後、中規模な商社に入社し輸入機械の企画営業を約3年、ある事故(親族の所有するアパートが暴力団に不法占拠されたこと)を機に何もできなかった自分に不甲斐無さを感じ、
宅地建物取引主任者(現在の宅地建物取引士)の資格を取って不動産業界へ転職。

投資向けマンションの電話営業⇒居住用不動産の売買仲介⇒一戸建住宅用の開発用地・分譲マンション用地の仕入れ及び近隣折衝。
突然、もっとでっかく・広くて大きい世界に挑戦したくなり、
渡米を考え米国カリフォルニア州の不動産資格(REAL ESTATE BROKER LICENSE)に合格し脱サラ。
2年がかりで労働ビザを取得し、カリフォルニア州へ資格登録、社会保障番号(SSN)を取得。
そして、ハワイ州の不動産資格(REAL ESTATE SALESPERSON LISENCE)にも合格できましたが、その間に受けた米国での被害を解決できず、結局渡米は断念。

2001年、不動産会社(有限会社ガイアミューズ)を設立。
2008年に土地家屋調査士の試験に合格し、翌2009年に登録をして今に至ります。


海外からの輸入機械の営業から始まり、国内の不動産・建築関連の一連の業務(マンション仲介から開発案件の企画・折衝、及び販売など)。
そして、海外不動産ライセンス(米国カリフォルニア州とハワイ州)取得、英国学生専用アパートへの不動産投資、そして英会話。
少し異色な土地家屋調査士です。その分、不動産に関する経験と知識は、全国の土地家屋調査士の中ではトップクラスだとの自負もあります。


最後に、難題に直面し心が折れそうになった時、自分に必ず言い聞かせていること、
『どんなに高い壁も、その人の身の丈に合ったものしか現れない。いつか必ず乗り越えられる』。
これ、結構本当のことだと思います。