blog ブログ

HOME // ブログ // 不動産の価値を決める『立地』

CATEGORY


ブログ

不動産の価値を決める『立地』



不動産の価値を決める『立地』

不動産は場所が命

商売をするなら商店街のメイン通り沿い
車社会の住宅地なら開発エリアの真ん中

アメリカ西海岸エリアの高級ブティックの並ぶ通りは北側道路の区画の方が
セレブが好む場所は行き止まりの方が
ハワイやカリフォルニアの海沿いの山では海に向かう傾斜地の方が

人気があって価格も高いとのこと

唯一無二の財産が不動産。同じものが絶対にないということが不動産の一番の特徴です。その不動産の立地は、利用目的に合っているのか?

・商売のため
・生活のため
・仕事を離れてリラックスするため

もっと細かく考えると

・人通りは多いか少ないか?
・車の交通量は?
・路地裏の小道かバイパスのような幹線道路か?
・上り坂か下り坂か?
・角地か?
・袋地か?
・日照は?
・景色は?
・近隣住民はどんな人?
・治安は?
・環境は?
・病院はスーパーは近くにあるのか?
・最寄り駅は?
考えるとキリがありません。

僕がアメリカの不動産ライセンスの勉強をしていたとき、テキストに書かれていたことと同じことをカリフォルニア州とネバダ州、そしてハワイ州の不動産業者から言われました。

不動産探しで最も気をつけること。それは、

“Location-location-location”

『1にも2にも、LOCATION。3、4もなくて、LOCATION。とにかくLOCATIONだ』
と教わりました。

これは日本でも同じ。全世界共通の常識です。

立地さえ間違えなければ、絶対に損をしないと言うことです。
不動産探しをするときには、常に気にするようにします。

ハリウッドの商店街、南道路が敬遠されてました。
日陰を求めて道路の北側に人の流れができるそうです。さらには、日差しが強すぎて窓際の商品が焼けてしまうために、商品の陳列が難しいとのこと。

海岸沿いのコンドミニアムは、日照よりも海が見えるように建てるそうです。
日当たり最重視の日本の業界に慣れていた僕には考えられない発想でした。

他には住宅は、大通りに面しているよりも一本中に入ったほうが静かで好い。店舗なら駅の近くの大通りに面した1階。といった感じ。

『その不動産は、あなたの目的に見合う場所ですか?』

ブログ一覧