blog ブログ

HOME // ブログ // 不動産取引の業務

CATEGORY


ブログ

不動産取引の業務

目次

これで安心!不動産取引の不安解消

お客さまがご所有の不動産についての関心が高まり出したら、次はどんな選択肢があるかを御自身で考え始められることと思います。おそらくこの時に、ストレスも始まると思います。有効活用か売却の2択に始まり、何処のだれに相談するべきか?絶対に騙されることだけは避けたい。『石橋を叩いて、叩いて、それでも渡りたくない。』典型的な多くの日本人の思考法です。私も日本人なので、同じ気持ちです。不動産に限らず、人生の一大イベントと思われることが起きた時も同じ感情を抱きます。未知の世界に一歩踏み込む勇気が必要です。本当に怖いからですよね。“何が?”って。そうなんです。“何が原因で怖いのか?”。問題が分からないのですから、答えがあるわけないのです。問題が分かれば、対策は考えられます。
問題が何かを見つけ、そして、どう対処することがベストなのかをお客さまと一緒に考え、答えを導き出すために、この不動産コンサルティングサービスを始めました。
従来からの丸投げ型ではなく、お客さまも一緒に考え、行動していただきます。
費用は、初回相談(60分)無料。

不動産の売買取引の流れ

不動産のご売却を、一般的な一連の流れで纏めると次の4段階に分けることが出来ます。
①事前のご検討
まずは弊社へご連絡ください。
②ご希望の優先順位
ご来社いただき、直接お話を伺い、ご相談させていただきながら問題点を一緒に見つけ出します。
③ご契約
サービスをお申込みいただいた場合の金額をお見積りいたします。
④業務開始
サービス内容にご納得いただけたら、ご契約後、サポートを始めさせていただきます。

不動産売買入門

不動産の媒介(売却・購入・交換・賃貸など)を不動産業者に依頼した場合、第三者と契約が成立した時に、宅地建物取引業法に定められている報酬額を上限として不動産業者へ支払う義務が生じます。
当社は、不動産の売買に特化したプロ集団を目指しています。不動産の売買について少しご説明させてください。
まず、不動産の売買では一般的に三種類の立場が生じます。「売主」、「買主」そして「不動産媒介業者」です。「売主」と「買主」の間に「不動産媒介業者」が介在して売買契約の最後までサポートして纏める取引を『売買仲介』と呼んでいます。この場合、「売主」・「買主」の両者は、「不動産媒介業者」へ売買契約成立の際に、報酬として法定規定額を上限とした仲介手数料【通常、簡易計算式、売買価格×3%+6万円とその金額に対する消費税の合算額】のお支払いが必要になります。
昨今、不動産業者へ支払う仲介手数料を節約したいとの目的だと思いますが、「売主」・「買主」間で直接お取引できるサービスをご紹介する会社も目にするようになりました。残念なことに、取引の数と同じくらいトラブルになっている事例もよく耳にします。不動産に関係する法律は多種多様にあります。その法律全てを専門家抜きで調査し契約することは、とても大変な作業だと思います。そして、仲介手数料が安くないと思われていることも分かります。
当社は、この件はお客様のご判断に任せております。同時に当社を選んでいただいたお客さまには仲介手数料が高くないと思っていただけるだけの努力はさせていただくように心がけています。

当社(有限会社ガイアミューズ)の特徴

有限会社ガイアミューズと当社提携不動産業者は、ご売却をお急ぎのお客様向けに買取もさせてていただきます。
対象となる物件
【事業用不動産】
本社ビル・工場・倉庫・商業施設・社宅・寮・駐車場・遊休土地など

【投資用不動産】
収益ビル、一棟マンション、アパート、区分マンションなど

【居住用不動産】
戸建、土地、区分マンションなど

通常、不動産取引においては売買契約成立の際に、仲介手数料【通常、売買価格×3%+6万円と消費税の合算額】が必要です。
『買取』の場合は、「買主」が当社もしくは提携不動産業者になり、購入させて頂いた不動産をリフォームや造成工事等と何かしらの手を加えた後、弊社等が「売主」となり売却します。
最終的には「売主」としての売却益を目的とした事業になりますので、『買取』の方が、売却価格は安くなりますが、当社もしくは提携業者が「買主」となりますので、仲介同様の調査をしますので、「売主」にとっても安全な取引になると思います。
結論、「売買仲介は時間と手間が掛かるが高く売れる可能性が高い」。
「買取は現状のままでも時間を掛けずに売却できるが売却価格は高くない」。
ご所有の不動産の売却理由をよくお考えになられたうえで、ご決断されることが一番大事なことだと思います。わからないことや相談相手が欲しいときには、どうかご遠慮なくご連絡ください。

当社の代表も、しつこい訪問勧誘や電話営業を嫌悪しておりますので、そのような営業活動は致しませんので、その点はご安心ください。

特徴① トラブル「0」のお取引

当社は、2001年に開業しました。
それまでは、不動産会社と建設会社に務めてました。
朝比奈資明は、25年以上この業界に身を置いています。
これは私見ですが、不動産トラブルの原因の大部分は売主側にあります。唯一無二という不動産の特性を甘く考えてしまい、調査不足が発生してしまうからだと思います。
当社は、「不動産トラブルゼロを目指しております」。

特徴② 豊富な経験と終わりのない学習

『宅地建物取引主任者』から『宅地建物取引士』に昇格しました。それだけ責任も重くなった証です。お客さまのご質問一つのご対応にも重責を伴います。「新人なもので、上司に確認します」、「そんな条例があったなんて知りませんでした」このような対応は許されなくなりつつあります。
「ここにはこういった法的制限がありますので、このようにすればお客さまのご希望に近づくことが出来ます」といったご提案が出来るところまで求められてきたと感じております。当社でも担当者任せにすることなく、少なくともダブルチェック。難のあるお取引では、トリプルチェック以上の確認をするように努めています。

特徴③ チームでのワンストップサービス

一言『売却』で片づけることが出来れば、不動産の取引も難しいことはありません。ただ不動産自体が地球上で唯一無二のものであるという特殊性を持っています。この唯一無二のものを取り扱うため、取引に係わる法律も多く、有資格者の種類も一つ二つでは足りないケースも多々あります。まず「売主」側にとって必要な資格者と専門家としての徹底した物件調査をしてから、売却活動を始めればそれがそのまま「買主」側の保護にもつながります。必要不可欠の資格者との提携も広げていますので、当社のワンストップサービスをご活用いただけましたら幸いです。

特徴④ 時間をかけたカウンセリング

お客さまごとにきちんと時間をとり、丁寧なご説明を心がけております。お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。とことん聴き続けますので、お客さまのお考えのすべてをお聞かせください。

ブログ一覧